衣装 & hair

厳島神社挙式でのお二人の衣装にも、もちろん決まりがあります。

新婦様の衣装の点数も、白無垢のみや色打掛を追加される場合もあります。披露宴中にドレスとタキシードにお色直しなどもいいかもしれません。



◆白無垢

厳島神社で結婚式をお考えの方から『白無垢以外に可能な衣装にはどのようなものがありますか?』との質問をいただきました。

厳島神社は和の社(やしろ)ですので、当然、神社内でのウェディングドレスとタキシードはNGです。

実際には、やはり白無垢と紋服で挙式をされる方が圧倒的に多いです。


白無垢でも、全身真っ白な白無垢もあれば、内側が赤いものや縁(ふち)に赤い線が入ったものなどもあります。その他にも少し黄色っぽい、古典的なイメージのものもあります。

衣装店での衣装選びの際にいろいろ試着してみましょう。ご自身に合った一着が見つかりますよ。

こちらのような、白無垢の表面に花などの柄が入ったものもあります。

白無垢に限らず、多くの色打掛も同じですが、打掛表面の柄は主に、花であれば「桜」や「梅」「牡丹」「椿」「菊」など、鳥であれば「おしどり」「鶴」「孔雀」「鳳凰」などがあります。それぞれに意味があるそうですので調べてみてはいかがでしょうか?

また、富をあらわす「御所車」や、末広がりで縁起の良い「檜扇」をあしらったものもありますので、試着される際に気にしてみると、より楽しいかもしれませんね。

同じ柄のものでも、「平織」「日本刺繍」「相良刺繍」などさまざまで、それによってお値段も変わってきます。詳しくは衣装店の担当者さんに聞いてみてください。



◆織りと刺繍

ちなみに、こちらの画像ではかなり分かりづらいのですが、同じ柄の白無垢でも「織り」と「刺繍」ではこのような違いがあります。「織り」は平面的で「刺繍」は立体的です。使用している糸の量も違いますので、重さもまったく違います。光を当てた時のイメージも全然違いますので、しっかりと見比べてみてください。



◆綿帽子と角隠し

白無垢にカツラの時は綿帽子と角隠しのどちらも合いますので、例えば、新郎新婦のお二人での記念写真を撮影する際は綿帽子で、親族の集合写真の時は角隠しと付け替えをされる方もいらっしゃいます。綿帽子は本来ウェディングドレスのヴェールと同じで、新郎様以外の方から顔を隠すために使います。それに対し角隠しは、新婦が新郎家に嫁いだ後も怒りの象徴である「角(ツノ)」を一生隠したまま『いつまでも貞淑な妻でいます。』という新婦の決意を表すものです。人力車に揺られて厳島神社へ向かう時は、やはり綿帽子が合いますね。



◆色打掛

挙式後に白無垢から色打掛に掛け替えをされて記念写真を追加される方もいらっしゃいます。白無垢は「白打掛」ともいい、羽織り替えるだけで簡単に色打掛に掛け替えが出来ます。厳島神社に映える赤い色打掛でお二人の記念写真を1枚追加されるのもいいですね。その時は綿帽子も角隠しも外して、打掛に似合う髪飾りで「文金高島田」で撮影されてみてはいかがでしょうか?

色打掛には赤やオレンジ以外にも緑や黒など様々な色のものがあります。

せっかくですので、衣装合わせの際にいろいろな色のものにチャレンジしてみてください。

「Bridal Costume NIJO」さんでの衣装合わせの際の色打掛の一例です。是非参考にしてください。

めずらしいものでは、こちらのようなベルベット素材の打掛もあります。

ちなみに色打掛にカツラの時は、綿帽子はNGですが角隠しは可能です。色打掛に角隠し姿もなかなか素敵でいいですよね。



◆紋服・羽織・袴

新婦様の白無垢や色打掛ほど種類がたくさんあるわけではありませんが、新郎様用の紋服・羽織袴も少しだけ違いがあるものもあります。

新郎様が着られる一般的な袴が、こちらの画像のようなものです。一番格が高いといわれています。


それに対し、袴が腰のあたりにかけてやんわりとグラデーションがかかっているものや「白紋服」と呼ばれる羽織も白いものもあります。新婦様の白無垢と一緒に並んで歩くと、こちらも素敵ですね。

細かい違いですと、黒い羽織全体にラメが入ったものや全体に模様をあしらたものもありますので、衣装店さんで確認してみてください。

他にも緑色や紫、赤い色などの紋服もあるにはあるのですが、あまり結婚式向きではないかもしれません。

男性は一歩引いて、挙式当日は新婦様の引立て役に徹する方が良いのかもしれないですね。

また、羽織の胸のあたりに見える「家紋」も、ご希望であればご自身の家の家紋に替えることも出来ます。衣装店にてご確認ください。



◆大振袖

厳島神社での結婚式の衣装は、白無垢と色打掛以外にもこんな素敵な衣装もあります。新婦様が着る独身最後の振袖と言えば、大振袖ですね。

大振袖は、元々は武家の婚礼衣装として使われ、白無垢よりも歴史が古いと言われています。黒引き振袖姿に角隠しをされた新婦様は、白無垢の柔らかな印象とはまた違って、キリッと締まった印象を与えます。

最近では、こちらの方のようにカツラは付けずに洋髪に大振袖姿の新婦様をお見かけすることも多くなりました。



◆厳島神社挙式専用の打掛

各衣装店さんも、まさに『厳島神社挙式専用打掛』といった衣装をいろいろと用意されています。

こちらは、「貸衣裳 藤政」さんの、厳島神社の金のロゴが入った白無垢です。懐刀(懐剣)や箱迫も、ロゴの色に合わせて金色のものもあるんですね。

そしてこちらは「Bridal Costume NIJO」さんの、厳島神社の大鳥居が純白の地にクッキリと浮かび上がる、とても綺麗な白無垢です。まさに光るような純白で、とても清楚なイメージをあたえます。

こちらは「京都嵯峨野」さんの厳島神社と大鳥居が鮮やかな色打掛です。赤、青、金と3種類あるそうです。オーナー自ら発注して作られたそうです。もうこれは、まさに「厳島神社専用」ですね。



◆髪飾り・ヘアスタイル いろいろ

通常、新婦様のカツラには「髪飾り」を、洋髪には生花(造花)などで飾り付けをします。

白無垢姿にカツラをされた新婦様の場合、一般的にはこちらの画像のような鼈甲(べっこう)のかんざしをされます。

厳島神社内で色打掛に掛け替えをされる場合などは、掛け替えに合わせて髪飾りも鼈甲のものから色打掛の色に合わせたものに替えられる事が多いです。

色打掛にカツラの場合は、こちらのような「尾長」もお勧めです。昔は大名の娘でないとすることが許されなかった、とても高貴なスタイルなのだそうです。

少し変わったところでは、綿帽子がウェディングドレスのヴェールのような、いわゆる「オーガンジー風」のものあります。

洋髪で挙式をされる方も多くいらっしゃいます。厳島神社での挙式の場合、だいたいカツラと洋髪の方が半々くらいではないかと思います。

洋髪の場合は、綿帽子は可能ですが角隠しは基本的にはNGです。

また、挙式はカツラで披露宴(食事会)は洋髪にされる場合もあります。そうすれば、あまり気にせずに食事を楽しめますね。祝宴前にヘアチェンジをされてもいいですし、あまりご参列の皆様をお待たせしたくない場合は、一旦カツラで祝宴をスタートして、途中でお色直しでヘアチェンジ+衣装チェンジというスタイルもいいと思います。

また、ご自身の髪をカツラのように結いあげる「自毛結い」もお勧めです。これなら和装に合ったスタイルで違和感なく付けることが出来ます。自毛結いまではいかないまでも、和髪っぽくアレンジしたスタイルもいいかもしれませんね。



◆ヘアアレンジいろいろ

実際にヘアアレンジをされた皆様の写真です。あまり派手すぎないスタイルにされる方が多いですね。

一生残る写真ですので、ここは妥協せずに思った通りのスタイルを事前に美容師としっかり打合せて、挙式と祝宴にのぞむようにしてください。



◆和装ブーケ

ついでにもうひとつ。新婦がウェディングドレスを着られる際に手にブーケを持つのは一般的ですが、和装にも和装専用のブーケがあるんです。そんな「和装ブーケ」の画像を紹介します。かわいくていいですよね。



◆十二単と束帯

件数は少ないですが、こちらのような十二単と束帯で挙式をされる方もいらっしゃいます。

十二単の歴史は平安時代の中紀が起源と言われており、女性貴族用の正装として着用されてきました。厳島神社の朱色とあいまって、奥ゆかしさを感じさせられます。ただし、厳島神社の回廊は歩く距離が長いので、結構体力が必要になるかもしれません。挙式後に祝宴をされるのであれば、ドレスやご自身のスーツなどをあらかじめご用意されて、お着替えをされた方が良いかもしれません。



◆ウェディングドレスとタキシード

厳島神社での挙式後の披露宴の時は、お色直しでウェディングドレスとタキシード姿で再登場というのもお勧めです。祝宴のスタート時には和装で「鏡開き」。そしてドレスとタキシードで再び入場し、ケーキカットというフルコースもお勧めです。特に和装からチェンジされた時のフリ幅が大きいため、参列者の皆さんから「オーッ」と歓声が上がるのは間違いないでしょう。



いかがでしたしょうか?

衣装もヘアスタイルも、ご希望のスタイルに合わせて選んでみてください。


宮島プレミアムフォトウェディング

MIYAJIMA PREMIUM PHOTO WEDDING

世界遺産宮島のフォトウェディング専門サイトです。

La-Vie Factory や studio LUCUSS といった人気の写真館の撮影による、厳島神社での結婚式の前撮りや、宮島島内でのフォトウェディング撮影を行っています。宮島でのロケーションフォトのことなら何でもお任せください。